坂東流日本舞踊 坂東冨起子「ふきの会」
お気軽にお問い合わせ下さい
メールでのお問い合わせはこちら

 

ホームページヘ 坂東冨起子プロフィール 公演のご案内 ふきの会 日本舞踊Q&A 冨起子の部屋(ブログ)

 

公演のご案内
 
過去の出演作品はこちらからご覧下さい。

 

 
坂東冨起子の出演予定と、振付作品などのご案内です。チケットのお申し込みは、お問い合せフォームからお願いいたします。みなさんのご来場を、心からお待ちしております。
チケットのお申し込みはこちら


 

 
坂東流坂東会創立95周年記念舞踊会
2015年9月20日(日)〜21日(月・祭)国立劇場大劇場
昼の部 開演午前11時
夜の部 開演午後4時30分
チケット:
一階席・二階席 8,000円(昼夜入替)全席自由席
三階席 3,000円(昼夜入替)全席自由席
9月20日(日)21日(月・祭)二日間、坂東流坂東会創立95周年記念舞踊会が開催されます。二日間 昼夜4公演 全39番の演目が揃いました。
私は21日(月・祭)夜の部大和楽「お祭り」に出演いたします。

9月21日(月・祭)4時30分開演
大和楽「お祭り」
永紫 愛 以津緒 扇菊 蝶
駒 三奈慧 朋奈 冨起子 三千踊


詳細はこちら。

 




 
【第25回記念公演】創作自由市場
2015年9月3日(木)座・高円寺2ホール午後6時半開演
チケット: 3,000円
坂東冨起子作 :『動物の謝肉祭』

出演 : 坂東冨起子 坂東辰起 坂東富三乃 照井啓能 照井里央菜 高木京香
太棹弾き語り : 星野有里
リトミック : 青柳敦子

19世紀のフランスの作曲家サン・サーンスの『動物の謝肉祭』は、聴けば誰でもどこかで耳にしたことのある曲が集まっています。バレエでは時々使われますが、今回はこの曲を見たことのない面白い日本の踊りにしてご覧いただきます。この曲には本来出てこない日本の不思議な動物も出てきます。
さらに今回は、坂東冨起子の作品にはじめて子役が加わり、4歳から11歳までの3人の子供達が共演します。


詳細はこちら。

 




 
花柳衛菊日本舞踊公演『鶴と蛙と烏』
2015年7月10〜24日 13時開演
 
 
フランス・アヴィニョン演劇祭で2週間踊ってきます。同じ場所で毎日2週間の舞踊公演は、日本ではありえない。
今回の花柳衛菊舞踊公演の演目は、鶴と蛙と烏で、私が踊るのは地唄『蛙(かわず)』。
蛇に吞みこまれそうになった蛙が、嘘っぱちの作り話をして命拾いする話で、これまでに何度も上演していますが、以前、東京で踊った時は、稽古中、演奏者の笑いが止まらなくなって稽古にならなかったことも。
振付は、私の地唄舞の師匠である亡吉村雄輝夫先生。大阪人ならではの笑いのエッセンスが詰まっています。海外で伝わるかな、この面白さ。いや、絶対に笑いを取って帰ってこなくては!
 
※お問い合わせ:【The Garage International】Mail:contact@TheGarageInternational.com

 




 
日本舞踊協会公演 昼の部 『孫悟空』
2015年2月22日(日) 国立劇場大劇場(3時頃の上演予定)
チケット: 一等席8,500円(指定席)
チケット: 二等席5,500円(指定席)

昼の部『孫悟空』(3時頃の上演予定)の女性8名群舞に出演します。

主催:日本舞踊協会(詳細はこちら)

 




 
女流名家舞踊大会 夜の部 『将門』
2015年2月15日(日) 国立劇場大劇場 (18時頃の上演予定)
チケット: 7,000円 (全席自由)
※1枚で昼の部・夜の部両方ご覧頂けます
常磐津『将門』

滝夜叉(たきやしゃ) : 坂東雅
光圀(みつくに) : 坂東冨起子


ボストン美術館所蔵『将門』
※画像をクリックすると解説を表示します。
主催:東京新聞(詳細はこちら)

 




2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011

 
お問い合わせ 送信フォームへ
TEL:03-3973-8377/FAX:03-3973-8388

 

このページの先頭へ


HOME坂東 冨起子プロフィール公演のご案内ふきの会日本舞踊Q&A冨起子の部屋お問い合わせ
坂東流日本舞踊 坂東冨起子「ふきの会」